Thu, March 23, 2017

今、HTML5を使ってもいい5つの理由

SitePointがHTML5に関して「いつごろからHTML5の使用を開始するか」というアンケートを実施しました。

投票結果は以下の通りです。

  • すでにHTML5を使っている – 23%
  • すぐにHTML5を使いだそうと考えている – 28%
  • HTML5が安定してきたら使おうと思う – 46%
  • HTML5は採用しない – 3%

やはり海外の方が意識が高いですね。

この結果を踏まえて、Craig Buckler氏が「すぐにでもHTML5を使い出していい5つの理由」を紹介しています。

  1. HTML5仕様はそう簡単には完成しない。もしそれを完成と呼ぶのであれば、それは、例えば仮にHTML5の次の仕様をHTML6と呼ぶとして、関係者がHTML6へ移行をはじめたタイミングといえる。それまで待っていてはタイミングを逃してしまう。
  2. XHTML 2.0仕様と違い、HTML5はHTML4/XHTML 1.0をベースに構築したものであるため、開発者はすでにHTML5の全容の多くを知っていることになる。言ってしまえば、28の新しいタグが追加されたほか少々の新しいテクニックが導入されたという話。しかも、そうした機能をすべて使わなければいけないわけではない。開発ツールはまだ難しいが、バリデータなどはすでに登場しつつある。
  3. レガシーブラウザのサポートはそれほど問題にならない。Firefox、Chrome、Safari、Operaはバージョンアップも迅速でHTML5もサポートしている。問題になるのはIEだが、HTML5 JavaScript shiv for IEを使うなどしてある程度は対応可能。古いブラウザは徐々にシェアを落としている。
  4. HTML5という言葉はすでにWeb 2.0やAjaxといったマーケティング用語になりつつあるが、すべての主要ブラウザがサポートを進めており、その開発速度はとても速い。理由はどうあれ、主要なWebブラウザは今後もHTML5の実装と改善を継続していく。
  5. HTML5に対する見方は人によって大きく異なる。WebデベロッパにとってはHTMLの段階的発展にすぎないものだが、顧客や上司にとっては雑誌の言葉を鵜呑みにして実に素晴らしい技術だと理解しているかもしれない。そうしたとき、HTML5に精通したWebデベロッパは重宝されることになる。今のうちからHTML5に馴染んでおく方がいい。

5は確かに。という感じがします。

詳しくは引用元の以下からどうぞ。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/07/22/html5-right-now/index.html

タグ: , ,

この記事を共有 :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree